飯田市川本喜八郎人形美術館 | お知らせ

長野県南信州、「人形劇のまち」の飯田市にある観光美術館、川本喜八郎人形美術館から様々な情報を発信します。
ホーム > 飯田市川本喜八郎人形美術館からのお知らせ
飯田市川本喜八郎人形美術館からのお知らせ
新グッズ、登場!!

皆様、こんにちは〜ヤッタv

早いもので、もう3月半ばですね♪

「三寒四温」の言葉の通り、寒い日と暖かい日を繰り返しつつ…

ここ南信州にも確実に春が近づいています。

 

そんなワクワクな季節…春を前に

当館では新しいグッズをご用意して皆様をお迎えしています矢印上

 

その、商品とは・・・ひらめき

きき大人気キャラクター孔明の手ぬぐいきき

 

 ←こちらです。

 

そして、もう一つびっくり昨年、開館10周年記念グッズとして限定販売した…ひらめき

きらきらきらきら三国志 武将シルエットの手ぬぐいきらきらきらきら

 

こちらも、再び売り場に登場しています。

 

昨年、大好評をいただいた「手ぬぐい」ですが、

限定販売だった為、発売から間もなく完売してしまいました汗

そこで、今回は新たに1種類増やして皆様のご来館をお待ちしています♪

 

これから、南信州の美しさが存分に感じられる最高の季節ですheart

飯田の春を感じながら、ぜひ当館にもお立ち寄りください。

スタッフ一同、川本の人形達と一緒に皆様のお越しをお待ちしております四葉のクローバー

 

 

※手ぬぐい(紺)に入っている上下の飾り用棒は商品に入っていません。

 

 

 

2018.03.12 Monday | お知らせ
季刊情報誌『Dogushi』表紙原画展 3/15〜

 

雨が降るたびに暖かくなっていく季節です。

南信州飯田も、ところどころ梅が膨らみ、咲いてきました。

いよいよ春です!

 

そして川本喜八郎人形美術館では、3月15日から新たに企画展を開催します。

 

人形劇のまち飯田の季刊情報誌

『Dogushi』表紙原画展

 

3月15日(木)〜4月27日(金)

会場 / 川本喜八郎人形美術館 2階交流ゾーン

 

 

創刊号から最新第20号までの表紙イラストを手掛けてくださった

飯田市の会社員・井原千代子さんの原画20点を一堂に集め、展示します。

“人形劇”というジャンルにこだわらず四季折々に感じる情景や、

特集記事に合わせて描いた作品は、一つの絵画としても見応えがあります。

印刷では表現しきれない繊細な細工を施した原画を

ぜひ立ち寄ってご覧ください!

 

 

★美術館2階のみのご利用は無料でご覧いただけます。

★3階ギャラリーにあがる際は入館料が必要となります。

 

 - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

『Dogushi』とは・・・

2013年5月に創刊した「人形劇のまち飯田」の季刊情報誌です。

年に4回の発行を続け、2018年2月で第20号が発行されました。

制作はNPO法人いいだ人形劇センターです。

 

いいだ人形劇センター ホームページ

 

 - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

 

 

2018.03.09 Friday | イベントのご案内
3月のアニメーション

3月1日は強風の日でした。

しかしだいぶ気温はあったかくなり

コートも冬仕様から春仕様にしてもよさそうです。

 

そんな陽気が戻ってきた3月のアニメーションは

怖かった先月から一変して

愉快で可愛らしい2作品をご用意しました。




********************************
               上映スケジュール
**********************************

10:30〜『花折り』        (1968年 川本喜八郎 14分)

11:30〜『人もみがきて後にこそ』 など人形劇3作品  (川本喜八郎 10分)

13:00〜『花折り』                        
15:00〜『人もみがきて後にこそ』 など人形劇3作品  
    
**********************************


上映するアニメーションは観賞無料です。
開始時間は変更される場合があります。

 

 

アニメーションは2階映像ホールで上映いたします。

2階のみのご利用は無料でご覧いただけますので、

お気軽にお越しください。

 

 

2018.03.01 Thursday | 今月のアニメーション上映作品
3月人形劇定期公演

太陽が顔を出す日が多くなり、日当たりのいいところは

とっても心地がいい季節です。

でもやっぱり風がまだまだ冷たいので

体調には気を付けてください。

 

さて、2月の定期公演が週末に迫ってきましたが、

3月の定期公演が一週間もたたないうちに開催されます!

春の人形劇公演ラッシュ、第3弾です。

 

 

「3月人形劇定期公演」

岐阜市・飯田市 文化交流事業
3月3日(土) 14:00開演

会場:飯田人形劇場(☎0265-23-3552)
料金:200円(3歳未満は無料)


○参加劇団○

今回の出演は2団体です

岐阜市☆人形劇団ぷんちく  作品:おむすびころりん
 岐阜市から岐阜聖徳学園大学短期大学部の

 人形劇ぷんちくがやって来ます。

 人形劇フェスタにも毎年参加されている劇団。

 学生たちの元気な人形劇をお楽しみください。 

飯田市☆でんでんむし 作品:いたずらおばけケンムン
 上伊那から飯田までいろんな場所で

 人形劇や大型紙芝居のボランティア公演をしているグループ。

 南の島に住むケンムンは化けるのが得意で、いたずら大好き。

 でもひとつだけ弱点が…

 

 

 ***************

 

また現在定期公演では特典スタンプを実施中!

スタンプを3個集めると、特典がの1,2のどちらかをゲットできます。

 

特典1■水引ゆび人形

 誰のどの指にもぴったりフィット。いくつも集めて遊ぼう!

 

特典2■プロ劇団公演優待チケット(対象の公演のみ)

 特別料金で観劇できます。チケットは事前に予約または購入をお願いします。

 

 

 *************** 


お問い合わせ・ご予約は...NPO法人いいだ人形劇センター ☎050-3583-3594

2018.02.23 Friday | 人形劇のまち飯田
2月人形劇定期公演

続いて降り積もっていた雪もここ数日の天気でだいぶ解けました!

立春はとうにすぎ、晴れれば確かに陽気な季節です。

少し肌寒い時もありますが、来週2月21日にはチェコ共和国から来日の

ナイブニ人形劇場による公演「空からきたひつじ」があり、

そして飯田のまちの人形公演ラッシュはまだまだ続きます!

 

 

「2月人形劇定期公演」
月25日(日) 10:30開演

会場:飯田人形劇場(☎0265-23-3552)
料金:200円(3歳未満は無料)


○参加劇団○

今回の出演は3劇団です

人形劇講座初級コース エリユリ  作品:ぐりとぐら
 初級コースの女性2人組。絵本の「ぐりとぐら」を人形劇にしました。

慈光幼稚園人形劇クラブ きらきら座 作品:屁っこき姫さま
 慈光幼稚園に通う子のお母さんたちの劇団です。

 

慈光幼稚園はとぽっぽ 作品:三匹のこぶた

 慈光幼稚園の新任教諭4人がおなじみの作品を上演。

 オリジナルの歌もお楽しみに。

 

 

 ***************

 

また現在定期公演では特典スタンプを実施中!

スタンプを3個集めると、特典がの1,2のどちらかをゲットできます★

 

特典1■水引ゆび人形

 誰のどの指にもぴったりフィット。いくつも集めて遊ぼう!

 

特典2■プロ劇団公演優待チケット(対象の公演のみ)

 特別料金で観劇できます。チケットは事前に予約または購入をお願いします。

 

 *************** 


お問い合わせ・ご予約は...NPO法人いいだ人形劇センター ☎050-3583-3594

2018.02.16 Friday | 人形劇のまち飯田
人形劇公演「空からきたひつじ」

 

立春がすぎましたが、まだまだ寒気が日本を覆って、

寒い時期が続きそうです。

 

さて、川本喜八郎人形美術館では現在

常設展「平家物語」と企画展「めでたやめでたの人形芝居展」を開催中です。

そして、2月後半から、人形劇のまち飯田では人形公演ラッシュが始まります!

 

そのラッシュのスタートを切るのは、

11月に企画展を行った、人形劇の文化が根強い

チェコ共和国からの来日公演です!

 

 

 

せかいの劇場 vol.6

空からきたひつじ

(About the Lamb That Fell from the sky)

 

少女は、空からきた真っ白なふわふわのひつじに出あいました

ひつじ雲のなかまのところに帰してあげなくちゃ

でも、どうやったらいいのかな…?

 

 *:;;:*:;;:*:;;:*:;;:*:;;:*:;;:*:;;:*:;;:*:;;:*:;;:*

 

■出演:ナイブニ人形劇場(チェコ共和国より来日)

 

■飯田公演日時

2018年2月21日(水)

18時30分開演(18時会場)

 

■場所:飯田人形劇場

 

 

絵本「空からきたひつじ」を人形劇で表現するのは

1949年設立、旧チェコスロバキアで最初の人形劇専門の劇場のひとつ、

歴史ある人形劇場「ナイブニ人形劇場」です。

 

 

 

最小限のセリフ(チェコ語)と想像性あふれるイメージの世界。

とても分かりやすい演出なので、

小さなお子様から大人の方まで、どなたでも楽しんでいただけます。

また講演終了後には、実際の舞台を使って

体験も行えるようになっています。

貴重な機会ですので是非お越しください!

 

 

 

 //////////////// チケット情報 ///////////////

 

■チケット料金

・大人 2,000円

・こども 1,000円(2歳〜中学生)

・おやこ券 2,800円(大人+こども 各1人)

 ※2歳未満児は無料です

 

■チケット予約・申込み、問合せ先

NPO法人いいだ人形劇センター Tel.050-3583-3594

 

※飯田市川本喜八郎人形美術館、受付でも販売中

 

 //////////////////////////////////////////////

 

 

またナイブニ人形劇場の来日公演は、飯田公演以外に

・大阪公演(2/20):人形劇団クラルテアトリエ

・木更津公演(2/24):木更津市中央公民館ホール

で実施されます。

 

他地域の講演につきましては、各公演へお問い合わせください。

 

 

2018.02.05 Monday | 人形劇のまち飯田
2月のアニメーション

今年は南信州でも雪の日が多いと感じます。

2月もさっそく雪予報が…

早く冬の終わりを願うばかりです…!

 

しかし!気温が寒いこの時期に

背筋が凍るような作品をお届けする美術館もめったにないですね!

 

 

平成30年2月の定期上映作品は『鬼』『道成寺』とです。


********************************
               上映スケジュール
**********************************

10:30〜『鬼』        (1972年 川本喜八郎 8分)

11:30〜『道成寺』     (1976年 川本喜八郎 19分)

13:00〜『鬼』                       
15:00〜『道成寺』   
    
**********************************


上映するアニメーションは観賞無料です。
開始時間は変更される場合があります。

 

 

アニメーションは2階映像ホールで上映いたします。

2階のみのご利用は無料でご覧いただけますので、

お気軽にお越しください。

 

 

2018.02.01 Thursday | 今月のアニメーション上映作品
「めでたやめでたの人形芝居展」開催中! 〜2/20

 

大型の寒波の襲来に、長野県でも割と暖かい飯田市でも

数日雪が降りました汗

日陰はまだ路面も凍結しているところもあり…

皆さん、転倒など、足元にはご注意ください!

 

さて、1月18日から始まった企画展

「めでたやめでたの人形芝居展」を少しご紹介します♪

 

図書館コレクション

たやめたの人形芝居展

 

 〜2月20日(午後1時まで)

 3階スタジオにて開催中き

 

人形劇の図書館コレクション、第3弾。

前回までは世界の人形劇と題して様々ご覧いただきましたが、

今回は今年の8月に迎える「世界人形劇フェスティバル」に向けて

世界を知る前に、ぜひ日本の文化を見ていただけたらと思います。

 

 

日本の人形芝居、文楽(人形浄瑠璃)が誕生したのは江戸時代初期。

歌舞伎にも影響を与えるほど当時の人々に親しまれる中、
人形芝居はめでたいものと深く関わってきました。

中でも正月の初公演で場を清める「三番叟」など

七福神の一人「えびすさん」をモチーフにした作品が多く存在します。

 

今回はそんな人形芝居とおめでたいものが一緒になって

版画や肉筆など、様々な手法で描かれた作品をご紹介します。

 

 

たとえば正月定番の遊び、凧揚げや羽子板のえびすさん。

えびすさんと仲良く笑いあう大黒さんもいます。

 

 

版画はとても色鮮やかに残っています。

人形芝居をしている光景やえびすさんモチーフの作品。

奥には番付(演目プログラム)などもあります。

 

 

男性の羽織に人形芝居が描かれている珍しい物。

鮮やかな左側と合わせて右側の緑色の部分にもぜひご注目ください。

また切手や絵葉書なども多く展示しています。

どれも鮮やかでまた楽しそうな人形芝居の様子がご覧いただけます。

過去のいいだ人形劇フェスタの資料もありますよ!

 

 

複数枚にわたる、人形が描かれた版画のメイキング。

一枚一枚どこが変わっているか見比べるのも面白いです。

 

 

 

日本独自ではぐくまれてきた文楽が、今ではさまざまな手法を使った劇団で

いろんな表現がされています。

その原点の文化に少しでも触れていただければ幸いです。

寒い中の開催ではありますが、ぜひ足を運んでみてください ヽ(・∀・)ノ

 

2018.01.25 Thursday | イベントのご案内
企画展「めでたやめでたの人形芝居展」 1月18日〜

「素敵な世界の人形劇ポスター展3」

「世界の人形劇100冊の本」に続いて

人形劇の図書館コレクション展 第3弾がまもなく始まります!

 

第1弾、第2弾は世界の人形劇、でしたが

今回は日本の江戸文化に触れる展示です。

 

たやめたの人形芝居展

1月18日(木)〜2月20日(火)

 

川本喜八郎人形美術館 3階スタジオ

(最終日は13時まで)

 

今年の8月で、「いいだ人形劇フェスタ」

前身の「人形劇カーニバル飯田」から数えて
き開催40周年きを迎えます!

その節目として今年は「いいだ人形劇フェスタ」は世界規模!

国旗「世界人形劇フェスティバル」きが開催されます!

 

それに合わせ、今回は人形劇をはじめとした日本が誇る江戸文化の一旦を

鮮やかな浮世絵版画などでご紹介します。

 

また常設展で川本が描いた日本の歴史「平家物語」の人形を

展示していますので、是非そちらも合わせてご覧ください!

 

 

こちらの展示は入館料(大人400円/小中高生200円)のみで

ご覧いただけます。

 

 

 ///////////////////////////////

 

 

また、2017年いいだ人形フェスタワッペンをお持ちの方は

受付にてご提示していただくと、小・中・高生が入館料無料でご覧いただけます。

(ワッペン1枚につきお一人のみ対象)

 

2018.01.15 Monday | イベントのご案内
平清盛 生誕900年!

 

現在開催中の常設展「平家物語」にちなんだ

大きな話題をひとつ、ご紹介!

 

「人形歴史スペクタクル 平家物語」の主人公、平清盛

実は2018年の今年で生誕900年を迎えます!

そこで、少し川本喜八郎人形美術館流に、平清盛について

簡単にご紹介します。

(諸説さまざまありますが!)

 

平清盛は「平家物語」でも知られる通り、平安時代後期の中心人物の一人です。

棟梁(武家の統率者の武家貴族)の平忠盛の長男として生まれました。

清盛は永久6年1月18日(1118年2月10日)が生誕日とされています。

 

様々な偉業を乗り越えて、日本初の武家政権を立てたり、

中国(当時は宋)との貿易によって財政基盤を整えたりと

多くの功成を残している傍ら、平家に対する不満を募らせた人々は多くなり、

全盛期も長くはなく、後に鎌倉時代を築き上げる源頼朝をはじめとする

源氏との戦が勃発します。

 

最期は戦の最中、熱病に倒れ、64歳の人生に幕を下ろします。

 

そんな波乱万丈の人生を送った平清盛を川本喜八郎は年代に合わせて様々な頭(カシラ)を作りあげました。

因みに当館では、出家し入道になった清盛を展示しています。

豪華な法衣と袈裟を身にまとい、威風堂々の姿で皆様をお迎えしています。

 

では、ここでちょっとだけ清盛の頭についてこぼれ話をひとつ・・・。

川本の作る人形達には頭の中に様々なカラクリが入っていますが

頭の大きさの関係もあり、最大で3つのカラクリしか入れられません。

でも、清盛だけは唯一、4つのカラクリが入っています。

三国志・平家物語合わせて900体作られたの人形の中で唯一です。

うなずき・瞳が左右に動く横目・眉毛の上下・口、この4つが入っています。

川本の清盛に対する思い入れが感じられるエピソードです。

 

まだ、平清盛をご覧いただいていない方、是非この機会に清盛をはじめとした

「平家物語」の人形達に会いに来てください。

スタッフ一同、心からお待ちいたしております。

 

 

 

2018.01.11 Thursday | スタッフのつぶやき
カテゴリ
新着情報
月別アーカイブ
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
SPONSORED LINKS

ホーム美術館についてお知らせ利用案内展示案内交通アクセスリンク集