飯田市川本喜八郎人形美術館 | お知らせ

長野県南信州、「人形劇のまち」の飯田市にある観光美術館、川本喜八郎人形美術館から様々な情報を発信します。
ホーム > 飯田市川本喜八郎人形美術館からのお知らせ
飯田市川本喜八郎人形美術館からのお知らせ
<< 曹操と箱入り娘 | main | ミュージアムグッズの袋についてのお知らせ >>
笹の葉さらさら

雨上がりの星空がキレイですね⭐

皆さんのお住まいの地域では、天の川はきれいに見えますか?

天の川といえば、牽牛と織女の「七夕伝説」が有名ですよね。

7月7日はふたりが年に一度再会できる日と言われていますが、

なぜそのような日に短冊に願い事を書いて星に祈るのか…。

考えてみたことはありますか?

 

現代の日本に伝わっている七夕は、中国から伝来した

「七夕伝説」と「乞巧奠(きっこうでん)」に

日本の「棚機津女(たなばたつめ)」の伝説が合わさった形になっているそうです。

「乞巧奠」は七夕伝説の織女にちなみ、

女性の機織りや技芸の上達を願う行事だったそうです。

日本では奈良時代の孝謙天皇という女性天皇の時代に行われたのが始まりで、

当時は宮中で行われる風習でした。

天の川の雫と考えられたサトイモの葉に集まった夜露で墨をすり、

梶という植物の葉に和歌を書いてお祀りした事が短冊の始まりと言われます。

現代の七夕と似た行事になってきたのは、江戸時代になってからなのです。

朝早く夜露を集めて回ったことがある方もいらっしゃるのでは?

 

日本では旧暦7月はお盆の前にあたり、その準備が行われていました。

現代のお盆と七夕が行われる日にちは地域によって異なりますが、

もともとは旧暦の77日が七夕、715日がお盆でした。

現在は715日か、1カ月遅らせた815日がお盆ですね。

この時期、乙女たちは水辺の機屋に籠り、俗世から離れた場所で神に捧げるため、

棚機(たなばた)と呼ばれる織り機で機を織ったそうです。

この風習が乞巧奠と合わさり、七夕(たなばた)と呼ばれる由来となったと考えられています。

 

七夕と言えば、笹飾りを作る方が多いかと思います。

実はこの笹飾りにも、たくさんの意味が込められているのです。

そもそも、なぜ笹を使うのか。諸説ありますが、

魔除け 抗菌効果 健康長寿の願いが込められた

などが挙げられます。

笹飾りには他に次のような意味があるそうです。

●五色の短冊…陰陽五行説が由来。青、赤、黄、白、黒の五色。木、火、土、金、水を表し、魔除けの効果がある。

●吹き流し…織女の織り糸を表し、五色を用いて魔除けの意味を込めている。

●網飾り…漁師の網を表し、豊年豊作を祈願する。

●巾着…金運の上昇。

●紙衣…裁縫が上達し、着るものに困らない。災いを人形に移すという意味もある。

●くずかご…笹飾りを作る際に出た紙切れを入れて吊るす。物を粗末にしないという意味。

 

笹飾りひとつとっても、様々な意味が込められているのですね。

竹の青々とした瑞々しさと、まっすぐに成長する様に

昔の人々は子供の成長や技芸の上達、健康長寿の願いを込めたのでしょう。

夏は体調を崩しやすく、また水の事故も多くなります。

皆さんが健やかに夏を過ごせますよう、今年は短冊に託してみたいと思います。

 

2020.06.27 Saturday | お知らせ
スポンサーサイト
2020.07.02 Thursday | -
カテゴリ
新着情報
月別アーカイブ
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
SPONSORED LINKS

ホーム美術館についてお知らせ利用案内展示案内交通アクセスリンク集