飯田市川本喜八郎人形美術館 | お知らせ

長野県南信州、「人形劇のまち」の飯田市にある観光美術館、川本喜八郎人形美術館から様々な情報を発信します。
ホーム > 飯田市川本喜八郎人形美術館からのお知らせ
飯田市川本喜八郎人形美術館からのお知らせ
<< 1月のアニメーション | main | 企画展「めでたやめでたの人形芝居展」 1月18日〜 >>
平清盛 生誕900年!

 

現在開催中の常設展「平家物語」にちなんだ

大きな話題をひとつ、ご紹介!

 

「人形歴史スペクタクル 平家物語」の主人公、平清盛

実は2018年の今年で生誕900年を迎えます!

そこで、少し川本喜八郎人形美術館流に、平清盛について

簡単にご紹介します。

(諸説さまざまありますが!)

 

平清盛は「平家物語」でも知られる通り、平安時代後期の中心人物の一人です。

棟梁(武家の統率者の武家貴族)の平忠盛の長男として生まれました。

清盛は永久6年1月18日(1118年2月10日)が生誕日とされています。

 

様々な偉業を乗り越えて、日本初の武家政権を立てたり、

中国(当時は宋)との貿易によって財政基盤を整えたりと

多くの功成を残している傍ら、平家に対する不満を募らせた人々は多くなり、

全盛期も長くはなく、後に鎌倉時代を築き上げる源頼朝をはじめとする

源氏との戦が勃発します。

 

最期は戦の最中、熱病に倒れ、64歳の人生に幕を下ろします。

 

そんな波乱万丈の人生を送った平清盛を川本喜八郎は年代に合わせて様々な頭(カシラ)を作りあげました。

因みに当館では、出家し入道になった清盛を展示しています。

豪華な法衣と袈裟を身にまとい、威風堂々の姿で皆様をお迎えしています。

 

では、ここでちょっとだけ清盛の頭についてこぼれ話をひとつ・・・。

川本の作る人形達には頭の中に様々なカラクリが入っていますが

頭の大きさの関係もあり、最大で3つのカラクリしか入れられません。

でも、清盛だけは唯一、4つのカラクリが入っています。

三国志・平家物語合わせて900体作られたの人形の中で唯一です。

うなずき・瞳が左右に動く横目・眉毛の上下・口、この4つが入っています。

川本の清盛に対する思い入れが感じられるエピソードです。

 

まだ、平清盛をご覧いただいていない方、是非この機会に清盛をはじめとした

「平家物語」の人形達に会いに来てください。

スタッフ一同、心からお待ちいたしております。

 

 

 

2018.01.11 Thursday | スタッフのつぶやき
スポンサーサイト
2018.05.24 Thursday | -
カテゴリ
新着情報
月別アーカイブ
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
SPONSORED LINKS

ホーム美術館についてお知らせ利用案内展示案内交通アクセスリンク集