飯田市川本喜八郎人形美術館 | お知らせ

飯田市川本喜八郎人形美術館からのインフォメーション
ホーム > 飯田市川本喜八郎人形美術館からのお知らせ
飯田市川本喜八郎人形美術館からのお知らせ
<< 第10回三国志こども写生大会 表彰式・作品展開催 | main | 素敵なお客様が来館されました >>
企画展「懐かしのテレビ人形展」 開催初日イベント

9/23から始まりました「懐かしのテレビ人形展」

 

その初日記念イベントとして

人形劇「プリンプリン物語」の人形制作を担当された

友永詔三さんによる特別解説講演が行われました。

 

出演前の友永さんとプリンセス・プリンプリン

 

10時30分から特別解説が始まりました。

友永さんとプリンプリンが並んでさまざまなお話を

語っていただきました。

とっても熱く語っていただきましたよ!

 

講演する友永さん

 

お話ではプリンプリン物語の人形制作担当になったときの話から

制作中のこだわり、当時の苦労、

そして、制作側ならではの面白いエピソードなどをお聞きしました。

 

中でもこだわりは人形に使われる素材で

南国をイメージしたお話から、実際インドで使われているショールの生地を

つかって人形達に着せているんだそうです。

顔や体の素材は実際の木材で

キャラクターによって使う木材は変えているんだとか。

 

当時都心や地方で楽しめるもの、見れる劇などの差は多い中

全国放送になるプリンプリン物語では

見る人に「本物」を見てほしかったんだと語っていました。

 

またプリンプリンの特徴的なまつ毛は

ホロホロ鳥の羽根を使用しているそうです。

またいろんなところで鳥の羽根も使っています。

カセイジンの髪の毛も羽根でできているみたいですよ。

カセイジンは展示していますのでぜひぜひ生で見てみてください!

 

また講演終了後、友永さんとお客様、そしてプリンプリンと一緒に

記念撮影イベントも突発開催されました!

なんということでしょう!

素敵な記念撮影ができた方はとってもラッキーでした。

 

 

多くのことをお話していただいた友永さん、ありがとうございました!

 

 

プリンプリンをはじめ、プリンプリン物語の人形は

現在「懐かしのテレビ人形展」で展示しています。

プリンプリン物語からは「プリンセス・プリンプリン」「モンキー」

「ボンボン」「カセイジン」「オサゲ」の5人が来てくれています。

 

展示中の「プリンプリン物語」は撮影が可能です!

(※一部撮影禁止の人形もあります)

 

10月22日までの展示、是非お越しください♪

 

2017.09.23 Saturday | イベントレポート
スポンサーサイト
2017.10.15 Sunday | -
カテゴリ
新着情報
月別アーカイブ
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
SPONSORED LINKS

ホーム美術館についてお知らせ利用案内展示案内交通アクセスリンク集