飯田市川本喜八郎人形美術館 | お知らせ

長野県南信州、「人形劇のまち」の飯田市にある観光美術館、川本喜八郎人形美術館から様々な情報を発信します。
ホーム > 飯田市川本喜八郎人形美術館からのお知らせ
飯田市川本喜八郎人形美術館からのお知らせ
<< 8月のアニメ―ション | main | いいだ人形劇フェスタ期間中の特別展示 >>
いいだ人形劇フェスタ期間中の特別企画
飯田の夏と言えば「いいだ人形劇フェスタ」!!
今年は8月5日から8月10日まで開催されます。
フェスタ期間中、当美術館では以下の企画を行います。



パネルディスカッション
「パペットエンターテイメント―人形劇の笑いを通して考える」
8/8(金)15:30
 映像ホール
自分の顔や言葉で語ることをしないで、なぜ、あえてモノを作り、それにしゃべらせるのか。そのややこしさや不器用さはすでに笑いの要素を持っているように思えます。人形劇の魅力をパネリストにエンターテイメントの切り口から語ってもらいます。
パネリスト/沢則行(人形劇師)、大野正雄(人形劇団むすび座)、来住野正雄(人形劇団ひとみ座)、Kei(道化師)
コーディネーター/高松和子(いいだ人形劇センター理事長)



「いい顔・笑顔 人形劇の会」東日本大震災支援
―人形劇は何ができるか&支援公演相談会―
8/8(金)18:30
 映像ホール

講演「心のケアについて」黒岩長造(飯田女子短期大学教授) 報告「福島県、宮城県の保育関係者から」※予定
全国の人形劇の仲間が集まる場で、心のケアについて考え現地の状況を報告することで、今後の支援公演の継続の必要性をあらためて認識しあい、同時に、支援活動を希望する劇団員との連絡を深めます。



「ポルトガルの人形劇」を知ろう!!
8/9(土)15:00
  映像ホール
ポルトガルでもマリオネットは昔からの伝統劇。しかし、日本の人形劇とは異なる表現がたくさんあります。知られざるポルトガルの人形劇事情。ポルトガルで活躍する田中紅子氏の驚きと可愛らしさに包まれたポルトガルの人形劇の世界を紹介します。



その他、フェスタ期間中は飯田市のさまざまな場所で人形劇が上演されます。
この夏はぜひ、川本美術館といいだ人形劇フェスタへお越しください。


入場にはいいだ人形劇フェスタ参加賞であるワッペンが必要です。
いいだ人形劇フェスタについて詳しくは、こちら












2014.07.29 Tuesday | 人形劇のまち飯田
スポンサーサイト
2020.08.07 Friday | -
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
カテゴリ
新着情報
月別アーカイブ
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
SPONSORED LINKS

ホーム美術館についてお知らせ利用案内展示案内交通アクセスリンク集