飯田市川本喜八郎人形美術館 | お知らせ

長野県南信州、「人形劇のまち」の飯田市にある観光美術館、川本喜八郎人形美術館から様々な情報を発信します。
ホーム > 飯田市川本喜八郎人形美術館からのお知らせ
飯田市川本喜八郎人形美術館からのお知らせ
8月19日 追悼企画『死者の書』上映会

暑く雨の降らない乾いた日が続いたと思ったら

今は雨がよく降る夏となりました。

体調にお気をつけてお過ごしください。

 

さて、今年の追悼企画のご案内です。

 

 

川本喜八郎 追悼企画「死者の書」 上映会

8月19日(日) 10:30〜 / 14:30〜

上映時間約70分

 

平成22年8月23日に逝去した川本喜八郎の遺作「死者の書」を特別に上映します。

※2階映像ホール 鑑賞無料

※8月19日は通常の定期アニメーション上映はいたしません。

 

そして鑑賞いただいたすべての方に

冊子「ありがとう川本喜八郎さん」をプレゼントいたします!

※冊子「ありがとう川本喜八郎さん」は「川本喜八郎さんを偲ぶ会」で配られた冊子です。

 

 

途中入場も可能です。是非お越しください。

 

 

また「死者の書」に関連したグッズを

受付横のグッズコーナーで販売しています。

 

・死者の書 DVD … 4,100円

・死者の書パンフレット … 720円

・死者の書 身毒丸(書籍) …565円

・死者の書ポストカードセット …432円

 

 

 

2018.08.18 Saturday | イベントのご案内
いいだ人形劇フェスタ2018 in 川本美術館

 

今年の「いいだ人形劇フェスタ2018」

8月3日〜8月12日 です。

同時開催「世界人形劇フェスタ」なのもお忘れなく!

 

 

そして今年の川本喜八郎人形美術館での催しはこちらです。

※どの公演、ワークショップにも人数制限がございます。

 あらかじめご了承ください。

 

 

>>>>いいだ人形劇フェスタ2018

 

8月3日(金)---------------------

・14:00 2階映像ホール 【有料】
 ワークショップ:「チェコの鉄球入り操り人形を作ろう」 講師:林由未

 

 

8月4日(土)---------------------

・3階ホワイエ 呈茶(裏千家)

 

・14:00 2階映像ホール 【有料】
 ワークショップ:「チェコの鉄球入り操り人形を作ろう」 講師:林由未

 

 

8月5日(日)---------------------

・3階ホワイエ 呈茶(裏千家)

 

・10:00 2階映像ホール

 「ブラックライトパネルシアター『はらぺこあおむし』他」 人形劇戦隊ソネック2

 

・13:00 2階映像ホール

 「ブラックライトパネルシアター『はらぺこあおむし』他」 人形劇戦隊ソネック2

 

 

8月6日(月)---------------------

・10:00 2階映像ホール
 「三びきのやぎのがらがらどん 他1本」 人形劇団「もういいかい」

 

13:00 2階映像ホール

 「鬼のゴンちゃん一人旅」  七志座

 

15:00 2階映像ホール

 「鬼のゴンちゃん一人旅」  七志座

 

 

8月7日(火)---------------------

・11:00 2階映像ホール

 「どろんこおばけ」「みんないっしょに」 人形劇団ぴーちく

 

・15:00 2階映像ホール

 「おこん浄瑠璃」 人形劇団KAI

 

 

8月8日(水)---------------------

・10:00〜 2階映像ホール

 連続アニメーション上映(ラインナップはこちら

 

 

8月9日(木)---------------------

・15:00 2階映像ホール 【有料】
 ワークショップ:「マリオネット・作ってダンス」 講師:山田俊彦(人形劇団ココン代表)

 

 

8月10日(金)---------------------

・10:00 2階映像ホール

 ワークショップ:「高雄皮影戯体験」

 

・14:30 2階映像ホール

 「台湾の伝統影絵芝居・皮影戯『ナタちゃんの竜たいじ』」 高雄皮影戯劇団(台湾)

 

・18:00 2階映像ホール

 「台湾の伝統影絵芝居・皮影戯『ナタちゃんの竜たいじ』」 高雄皮影戯劇団(台湾)

 

 

8月11日(土)---------------------

・10:00 2階映像ホール

 「台湾の伝統影絵芝居・皮影戯『ナタちゃんの竜たいじ』」 高雄皮影戯劇団(台湾)

 

・14:30〜 2階映像ホール

 連続アニメーション上映(ラインナップはこちら

 

 

8月12日(日)---------------------

・9:00 2階映像ホール 【有料】
 ワークショップ:「SHADOWS DANCE WITH WORDS」 講師:Jeff Gare

 

 

 

その他の会場での公演はいいだ人形劇フェスタ2018 公式ホームページにて

ご確認ください。

いいだ人形劇フェスタ2018   (別のサイトへ飛びます)

 

 

【有料】以外の公演はフェスタワッペンの提示のみでご覧いただけます。

※ワッペンは1個700円で各所で販売。美術館受付でも販売しています。

※どの公演、ワークショップに人数制限がございます。

 あらかじめご了承ください。

 

 

 

>>>>期間中 美術館展示内容

 

■常設展 「三国志 −赤壁の戦い−」

■企画展 「劇場の中の人形展 −ペトル・マターセク 佐久間奏多 林由未」

■交流ゾーン 「こどもたちのための人形劇はいつから始まったのか」

■受付ホール 「ウェルカム人形展 スタンプラリー」

 

※「いいだ人形劇フェスタ」の期間中は、フェスタワッペンをお持ちの方は

 受付にて掲示していただけると、3階ギャラリーも無料で入館いただけます。

 

 

 

>>>>美術館  開館フェスタ特別日程

 

・8月3日、4日、5日、10日、11日、12日(金土日)

 開館 9:00〜18:30 (入館は18:00まで)

 

2018.07.27 Friday | イベントのご案内
第11回こども写生大会のお知らせ

雨の日が上がったと思ったら

今日は久々に日差しがまぶしくなりました。

夏らしいと言えば夏らしいですね!

そろそろお子様たちは夏休みのことで

うきうきしているのでは、と思います。

 

そして夏休みと言えば!

飯田市川本喜八郎人形美術館で開催の

三国志こども写生大会!

もちろん今年も開催します☆

 

SMILY第11回こども写生大会SMILY

日時:2018年8月1日(水)

時間:午前9時30分〜午後4時まで

場所:川本喜八郎人形美術館

※小学校・幼稚園・保育園のお子様が対象です

 

参加方法

参加者と付添いの方は入館無料です。

事前のお申し込みは必要ありません。

画用紙は美術館受付で配布しますが、

画板や色鉛筆などの道具は各自でご用意ください。

※水を使うもの(えのぐ等)は使えません。

 

全ての作品は、秋に美術館内で展示します。

水分補給などはホワイエ(3階展示室外)で出来ますので

お飲物などをご用意ください。

ご不明な点は川本人形美術館までお問合わせください。

 

 

 

飯田人形劇フェスタが8月3日からスタートです。

その直前ではありますが、ゆっくりと人形に触れられる機会に

是非お越しください♪

2018.07.10 Tuesday | イベントのご案内
「いいだ、いいら」銀座NAGANOイベント

 

去年12月に行われた

第17回 abn・八十二 ふるさとCM大賞で

見事ふるさとCM大賞に飯田市の

「いいだ いいら♪」が選ばれましたき

 

こちらの作品は、市川千明(いちかわ ちはる)さんが

制作され、川本喜八郎人形美術館のスタジオを使って

撮影された作品ですゆう★

 

その受賞にちなんで、5月26日に東京・銀座にある

長野県のアンテナショップ、銀座NAGANOにて

「〜いいだ いいら♪〜 飯田の人形劇とお菓子めぐり」

が開催されます!

 

「人形劇のまち飯田」のPRや

竹田人形座竹の子会による、糸操り人形劇公演、

そして飯田名産お菓子をめぐる会が行われます。

 

イベントの定員数はすでに満席とのことですが

その様子は26日朝9時30分ごろ

長野朝日放送にて中継されますテレビ

 

ぜひぜひご覧ください笑顔

 

 

イベント詳細 → 〜いいだ いいら♪〜 飯田の人形劇とお菓子めぐり

2018.05.24 Thursday | イベントのご案内
5/3ねほりんぱほりん展操演イベント お申込方法

 

4月28日(土)から始まる「ねほりんぱほりん展」の

特別企画 操演イベント への

チケット申込み方法のご案内です。

 

 

チケット販売 4月9日 10:00〜

※時間前のお申込みは無効となりますのでご注意ください。

 

5月3日

操演イベント!

 

■出演

・石澤典夫(元NHKアナウンサー)

・友松正人(人形劇団ひとみ座)

・山田はるか(フリー)

 

■時間

1)11:00〜

2)14:00〜

 

■場所

川本喜八郎人形美術館 3階スタジオ

 

■料金

1,000円(入館料含む/18歳以上対象)

 

■定員

各50名

 

 

 

 ////////// お申込み方法 ////////////

 

■その1 美術館受付販売

川本喜八郎人形美術館の受付にて販売しています。

 

■その2 電話予約

川本喜八郎人形美術館(0265-23-3594)へお電話ください。

 

■その3 メール予約

川本喜八郎人形美術館(puppet@kawamoto-iida.com)へ

メールをお送りください。

メールでのご予約の方は、下記テンプレートをご利用ください。

 

 ------------------------------------------------------

 

□■ 5月3日操演イベントお申込み ■□

 

●お名前:

●ご連絡電話番号:

●ご予約枚数:

●ご希望時間:11:00/14:00 ※どちらかを選択してください

●ご購入予定日:来館予定日/イベント当日 ※購入できる日をご記入ください

 

 ------------------------------------------------------

 

メールはこちらをご利用ください → 5月3日操演イベントお申込みメール

 

メールでのご予約は美術館からの返信を持って完了となります。

3日以上返信がない場合は、再度メールをお送りいただくか、電話にてお問合わせください。

 

 

ご不明な点がありましたら、気軽にお問い合わせください。

2018.04.06 Friday | イベントのご案内
季刊誌「Dogushi原画展」に新作追加! 〜4/27

 

桜の満開も終え、強い風に吹かれて

桜吹雪がとてもきれいです。

これから青葉が輝く季節ですね!

 

そして現在開催中の原画展に新たに

1点作品が追加されました!

 

 

 

近日発行される21号の表紙が、21号発行前に展示です♪

すがすがしい青空に、シルエットがとても映える

どこか哀愁を感じる清々しい作品です。

 

この作品のほかにも、様々なタッチで描かれた

テーマ豊富な作品展ですので、

ぜひお越しください♪

 

 

Dogushi 表紙原画展

  〜4月27日(金)

 

場所:飯田市川本喜八郎人形美術館

   2階交流ゾーン(観覧無料)

 

いいだ人形劇センター HP

 

※2階のみのご利用は無料でご覧いただけます。

※3階ギャラリーに上がられる場合は入館料が必要です。

2018.04.05 Thursday | イベントのご案内
イベント盛りだくさん!ねほりんぱほりん展!4月28日〜

 

開催まで一ヵ月を切りました、

企画展ねほりんぱほりん展!

 

今回は展示だけじゃなくて

さまざまなイベントが開催されます!

 

ねほりんぱほりん展

4月28日(土)〜5月27日(日)

 

目玉イベントは3つです!!!

 

 ***************

 

■5月3日(木) 操演イベント

 

実際の操演者、友松正人さん山田はるかさんによる

人形操演が目の前で見られます!

しかもウシ澤アナこと石澤典夫アナウンサーが来館!

実際の動くしゃべるウシ澤アナにも会えます!

さらに、ウシ澤アナだけではない他のキャラクターもとの噂…

番組のあの場面が目の前で再現!?

 

時間:11:00〜 14:00〜

場所:美術館3階、展示スタジオ

料金:1,000円(入館料を含みます)

   ※料金は一般、小中高生一律です

   ※18歳以上対象イベントです

定員:各50名

 

※当日はイベントに合わせ展示が見られない時間があります。

 予めご了承ください。

 展示鑑賞可能時間 12:00〜13:00/15:00〜閉館まで

※お席は靴を脱いでパンチカーペットに座っていただきます。

 一部ベンチがあります。

※イベント内容に一部大人向けの内容があります。

 

 ***************

 

イベントチケットの販売は 4月9日 10:00〜 です。

方法は美術館受付・電話予約・メール予約です。

時間前の受付は対象外になりますので、ご注意ください。

またメール予約の場合は、美術館からの返信をもって

完了となります。

 

川本喜八郎人形美術館

Tel.0265-23-3594

Mail:puppet@kawamoto-iida.com

 

  ***************

 

 

■5月4日(金)

 ワークショップ「指人形ぶた」を作ろう!

 

指にはめる人形で自分似のぶたを作れば、

あなたもゲストぶたさんに!?

作った人形と一緒にねほりんぱほりんと撮影しよう♪

 

時間:10:30〜12:00 13:30〜15:00

   受付は終了時間30分前まで

場所:美術館2階 交流ゾーン

材料費:300円

 

※ねほりんぱほりんと撮影するためには

 入館料(一般400円/小中高生200円)が

 別途必要となります。

 

  ***************

 

■5月13日  番組プロデューサー

      制作秘話トークショー

 

番組は人形達だけではできません!

番組の裏側で活躍しているチーフプロデューサーの大古滋久さんから

ねほりんぱほりんの裏側を、逆に根掘り葉掘り教えて頂きましょう!

苦労でしょうか、感動でしょうか…

お話の内容はお楽しみに!

 

時間:14:00〜15:00

場所:美術館3階 展示スタジオ

料金:入館料のみで参加いただけます

 

  ***************

 

そして展示内容は、メインのねほりんぱほりんだけではなく

ゲストのぶたさんも来てくれます!

どのゲストかはまた随時お知らせします(・ω・)

(画像に少しネタバレが…)

セットも番組に近い雰囲気を予定しています。

また展示は撮影可能です。(変更になる場合があります)

 

 

展示の人形だけではなく、もっと深くねほりんぱほりんを

知りたい方は、ぜひぜひイベントにも足を運んでみてください!

 

 

2018.04.02 Monday | イベントのご案内
「Dogushi」表紙原画展 開催中!  〜4/27

太陽が出るとすっかり春の陽気です。

そんな穏やかな季節にピッタリの展示が始まりました。

 

「人形劇のまち飯田」情報季刊誌

Dogushi 表紙原画展

 

創刊号から最新第20号までのすべての表紙を担当した

井原千代子さんの原画展が

飯田市川本喜八郎人形美術館 2階交流ゾーンにて開催中です。

 

 

 

表紙の印刷では表現しきれなかった、工夫されたマチエール(凹凸)や

絵具ではない部分の表現を、ぜひ原画にてご覧ください。

 

 

 

また表紙原画展に合わせて、過去の『Dogushi』を再配布しています。

情報としてもぜひご覧ください♪

 

 

『Dogushi』表紙原画展 のみの観覧は無料でご覧いただけます!

椅子もありますので暖かな陽気の日にはお散歩がてら

ぜひお気軽にお立ち寄りください。

 

 

※水曜休館(3月21日は開館です)

2018.03.15 Thursday | イベントのご案内
季刊情報誌『Dogushi』表紙原画展 3/15〜

 

雨が降るたびに暖かくなっていく季節です。

南信州飯田も、ところどころ梅が膨らみ、咲いてきました。

いよいよ春です!

 

そして川本喜八郎人形美術館では、3月15日から新たに企画展を開催します。

 

人形劇のまち飯田の季刊情報誌

『Dogushi』表紙原画展

 

3月15日(木)〜4月27日(金)

会場 / 川本喜八郎人形美術館 2階交流ゾーン

 

 

創刊号から最新第20号までの表紙イラストを手掛けてくださった

飯田市の会社員・井原千代子さんの原画20点を一堂に集め、展示します。

“人形劇”というジャンルにこだわらず四季折々に感じる情景や、

特集記事に合わせて描いた作品は、一つの絵画としても見応えがあります。

印刷では表現しきれない繊細な細工を施した原画を

ぜひ立ち寄ってご覧ください!

 

 

★美術館2階のみのご利用は無料でご覧いただけます。

★3階ギャラリーにあがる際は入館料が必要となります。

 

 - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

『Dogushi』とは・・・

2013年5月に創刊した「人形劇のまち飯田」の季刊情報誌です。

年に4回の発行を続け、2018年2月で第20号が発行されました。

制作はNPO法人いいだ人形劇センターです。

 

いいだ人形劇センター ホームページ

 

 - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

 

 

2018.03.09 Friday | イベントのご案内
「めでたやめでたの人形芝居展」開催中! 〜2/20

 

大型の寒波の襲来に、長野県でも割と暖かい飯田市でも

数日雪が降りました汗

日陰はまだ路面も凍結しているところもあり…

皆さん、転倒など、足元にはご注意ください!

 

さて、1月18日から始まった企画展

「めでたやめでたの人形芝居展」を少しご紹介します♪

 

図書館コレクション

たやめたの人形芝居展

 

 〜2月20日(午後1時まで)

 3階スタジオにて開催中き

 

人形劇の図書館コレクション、第3弾。

前回までは世界の人形劇と題して様々ご覧いただきましたが、

今回は今年の8月に迎える「世界人形劇フェスティバル」に向けて

世界を知る前に、ぜひ日本の文化を見ていただけたらと思います。

 

 

日本の人形芝居、文楽(人形浄瑠璃)が誕生したのは江戸時代初期。

歌舞伎にも影響を与えるほど当時の人々に親しまれる中、
人形芝居はめでたいものと深く関わってきました。

中でも正月の初公演で場を清める「三番叟」など

七福神の一人「えびすさん」をモチーフにした作品が多く存在します。

 

今回はそんな人形芝居とおめでたいものが一緒になって

版画や肉筆など、様々な手法で描かれた作品をご紹介します。

 

 

たとえば正月定番の遊び、凧揚げや羽子板のえびすさん。

えびすさんと仲良く笑いあう大黒さんもいます。

 

 

版画はとても色鮮やかに残っています。

人形芝居をしている光景やえびすさんモチーフの作品。

奥には番付(演目プログラム)などもあります。

 

 

男性の羽織に人形芝居が描かれている珍しい物。

鮮やかな左側と合わせて右側の緑色の部分にもぜひご注目ください。

また切手や絵葉書なども多く展示しています。

どれも鮮やかでまた楽しそうな人形芝居の様子がご覧いただけます。

過去のいいだ人形劇フェスタの資料もありますよ!

 

 

複数枚にわたる、人形が描かれた版画のメイキング。

一枚一枚どこが変わっているか見比べるのも面白いです。

 

 

 

日本独自ではぐくまれてきた文楽が、今ではさまざまな手法を使った劇団で

いろんな表現がされています。

その原点の文化に少しでも触れていただければ幸いです。

寒い中の開催ではありますが、ぜひ足を運んでみてください ヽ(・∀・)ノ

 

2018.01.25 Thursday | イベントのご案内
カテゴリ
新着情報
月別アーカイブ
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
SPONSORED LINKS

ホーム美術館についてお知らせ利用案内展示案内交通アクセスリンク集