飯田市川本喜八郎人形美術館 | お知らせ

長野県南信州、「人形劇のまち」の飯田市にある観光美術館、川本喜八郎人形美術館から様々な情報を発信します。
ホーム > 飯田市川本喜八郎人形美術館からのお知らせ
飯田市川本喜八郎人形美術館からのお知らせ
曹操と箱入り娘

ついに飯田も梅雨入りしました☔

皆さんのお住まいの地域はいかがですか?

昨年は水害が各地で相次ぎましたね。

今年は穏やかに過ごせるといいのですが…。

 

さて、今回も1800年前を遡ってみたいと思います。

 

西暦220年。

前回は関羽の死について触れましたが、220年は激動の年でした。

220年、もう一人の巨星が没した年でもあるのです。

その人物は曹操孟徳。

言わずと知れた、劉備最大のライバルですね。

 

曹操と関羽の縁は浅からぬものがあります。

関羽の武勇と忠義に厚い人格を曹操はとても気に入っていて、

自分の配下に加えたいと熱望していました。

一時は自陣に迎えたものの、そこはやはり忠義の人関羽。

官渡の戦い後は劉備のもとへ帰ってしまいます。

この時の厚遇を関羽は忘れず、

赤壁の戦いで大敗した曹操を逃がします。

 

実はこの様子が、玩具になっているって知ってましたか?

その名も「華容道」というスライディングブロックパズルです。

小さな箱の中を大きさや形の違う駒を空所にスライド移動させ、

特定の駒を箱の出口から外に出すゲームです。

「華容道」では曹操が逃がす駒になります。

 

日本では1930年代に流通したと言われていて、

日本での呼び名は、なんと「箱入り娘」

「華容道」では並み居る武将たちの間を曹操がすり抜けて行きますが、

「箱入り娘」は親や兄弟、祖父母といった家族が立ちふさがります。

ゲームとは言え、あの曹操が箱入り娘にあたるって、

ちょっと面白いですよね。

興味を持っていただけた方は、「華容道」で遊んでみてください。

もちろん、当館でもお取り扱いしています!

 

 

 

今回は曹操のことを取り上げましたが、1800年前に起こったことはまだあります。

今度は何を取り上げようかな…。

 

皆さん、ぬり絵は楽しんでいただけてますか?

今回は曹操です!

着物の模様や色もお好みでぬっていただけますから、

オリジナリティの溢れる曹操を描いてみてください。

 

2020.06.12 Friday | スタッフのつぶやき
220年のできごと 蜀に仕えた忠義の人

新緑の色が目に鮮やかな季節になりました。

りんごの花も、そろそろ終わりを迎えます。

 

さて、2020年から遡ること1800年。

西暦220年は三国志を語る上で欠かすことのできない大きなできごとが、たくさんありました。

ちょうど1800年前に起こったできごとを少し、振り返ってみましょう。

 

220年に起こった大きなできごとと言えば、蜀に仕えた名将関羽の死です。

黄巾の乱以降、劉備に付き従い、義兄弟の契りを交わした関羽の死をきっかけに、

蜀の運命は大きく変わってしまいました。

 

関羽と言えば、トレードマークは長い髭ですよね。

美髯公とも呼ばれていたとか。

劉備、張飛とともに義兄弟の契りを結ぶシーン、「桃園の誓い」は、物語の中でも有名な場面です。

関羽の忠義を尽くす姿勢と比類なき武勇は、他国の将からも絶賛されていました。

 

『三国志演義』では、身の丈9尺(当時の尺度で約216僉法髭の長さは2尺(約48僉法

熟した棗(なつめ)のような肌と形容される紅い顔をしていたそうです。

この赤い顔という特徴は、中国の古典演劇「京劇」のなかでも再現されています。

18世紀以降の北京で盛んになり、北京の京を取って京劇と言うそうです。

京劇は歌、セリフ、舞踊、立ち回りなどで物語が進み、甲高い声と独特の隈取(くまどり)が特徴です。

京劇では三国志が演じられることもあり、関羽も登場します。

京劇の関羽は「紅生」という役にあたり、棗色だったという肌を再現し、

顔全体が真っ赤に塗られ、黒い隈取で登場します。

赤い色にはほかにも「忠実で勇敢、男気に富む」「忠義の色」という意味があるそうで、

まさに関羽を表現した色とも言えますね。

逆に白い色は「陰険で腹黒い」などの意味があり、三国志では曹操がこの色にあたるそうです。

関羽を演じる役者は、隈取を描く際、意図的に黒子や黒い線を書き足すのだそうです。

これは完璧な隈取になることを避け、

神様として祭られる存在となった関帝そのものではない、という意味があるのだそうです。

何事も完璧が過ぎると「魔が差す」ともいいますからね。

 

人形劇三国志では、曹操は白い肌、関羽は赤味がかった肌に作られています。

こうした伝統芸能との共通点を知ってから人形を見てみると、

また違った発見や想いが生まれるかも知れませんね。

 

今回は関羽のぬり絵も一緒に公開します。

着物の柄や色は全て皆さんのお好みで塗っていただけます。

ぜひ挑戦してみてください!

 

 

 

 

2020.05.18 Monday | スタッフのつぶやき
もうすぐ こどもの日

間もなく4月も終わり、5月に入りますね。

いつもは楽しみなゴールデンウィークも、今年はご家庭で過ごされている方が多いかと思います。

今日はこどもの日「端午の節句」にちなんだ話題を載せたいと思います。

 

端午の節句は、飛鳥時代に中国から伝来したと言われています。

昔の中国では5月は良くない月とされ、薬草などで悪い気を払うことがあったそうです。

昔は田植えをする女性を守るため、魔除けの効果があるといわれる菖蒲をふいた屋根のある小屋で

女性たちは過ごしたそうです。

中世以降は「菖蒲」に「尚武」を当てたことから武家の行事となり、

やがて男子の節句として定着したそうです。

節句のお祝いはお住まいの地方で様々な風習があるかと思います。

みなさんの地方では、どのような事をしますか?

 

飯田ではこの時期、こいのぼりを上げる家が見られます。

こいのぼりの始まりは、江戸時代と言われています。

古代中国では、黄河の急流にある竜門と呼ばれる滝を遡った鯉が竜になったという

伝説があります。このことから、鯉は立身出世の象徴と捉えられているそうです。

また、鯉は生命力の強い生き物とも言われます。

江戸時代は子どもが早くに亡くなってしまうことも多かったそうなので、

子どもが健やかに育つよう、鯉を掲げて祈ったのでしょう。

ちなみに、川を遡る鯉の様子を図案化した荒磯という柄があります。

荒磯も出世を表す柄として知られており、川本喜八郎の人形「程普」にも使用されています。

 

子ども達の健やかな成長を祈るのは、今も昔も変わりません。

今は多くのお子様たちが、家で過ごしているかと思います。

ぜひこの機会に、ご家族でこいのぼりを作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

2020.04.27 Monday | スタッフのつぶやき
ベトナムから元気なお客様が、来館!

梅雨に入り、ここ飯田でもジメジメ…ムシムシしたお天気が続いていますが、

きれいに咲いた紫陽花の花がさわやかな気持ちにしてくれます。

さて、そんな梅雨空が広がった7月14日、ベトナムから元気な笑顔の

学生の皆さんが36名来館されました。年齢は13歳から18歳。

日本で言えば中学生から高校生の皆さんです。

館内に入るとじめじめした空気が吹き飛ぶほど元気な声で

「おはようございます」と日本語の挨拶をしてくれました。

 

初めにギャラリーを見学。川本の人形に興味津々で、ケース近くで熱心に見学した後は

希望者で人形操演にもチャレンジ。様々なポーズを演じ分け大いに盛り上がりました。

 

そして、後半は人形作りのワークショップです。

丸い顔の指人形。一人ひとり、作りたい人形をイメージして

顔のパーツをボンドで貼り、毛糸で髪の毛を作ったり、

スパンコールやリボンを使って個性を出します。

 

1時間ほどで人形を作った後は各グループでごとに、作成した人形を使った劇を披露しました。

演じる人・見る人、皆まじめで一生懸命。でも、笑い声の絶えない楽しい時間になりました。

 

 

たった2時間の滞在でしたが人形を鑑賞して作って演じるという充実の内容。

全ての体験を楽しむ学生の皆さんの姿に触れ、私たちスタッフも楽しい時間が過ごせました。

 

ちょっと遠いですが、またのご来館をお待ちしております。

(^^)/♪

 

2019.07.15 Monday | スタッフのつぶやき
本日来館された特別ゲスト!一足お先に来館ウシ澤アナ!

 

この土日がとてもいい天気に恵まれ

桜が次々と咲いてきました!

飯田は多くの一本桜の名木がありますので

お散歩するにはピッタリです。

 

そんな飯田市の川本喜八郎人形美術館に…

 

 

ねほりんぱほりんのウシ澤アナだー!

 

 

 

4月28日から始まる企画展

「ねほりんぱほりん」展に

ウシ澤アナも来てくださると聞いていましたが、

一足お先にいらっしゃったんですね!

 

まだ企画展は少し先ですが

せっかくなので、その間、ウシ澤さんを

飯田観光に誘えたらいいな…と思うスタッフでした。

まずは、飯田の桜観光でしょうか!

2018.03.27 Tuesday | スタッフのつぶやき
平清盛 生誕900年!

 

現在開催中の常設展「平家物語」にちなんだ

大きな話題をひとつ、ご紹介!

 

「人形歴史スペクタクル 平家物語」の主人公、平清盛

実は2018年の今年で生誕900年を迎えます!

そこで、少し川本喜八郎人形美術館流に、平清盛について

簡単にご紹介します。

(諸説さまざまありますが!)

 

平清盛は「平家物語」でも知られる通り、平安時代後期の中心人物の一人です。

棟梁(武家の統率者の武家貴族)の平忠盛の長男として生まれました。

清盛は永久6年1月18日(1118年2月10日)が生誕日とされています。

 

様々な偉業を乗り越えて、日本初の武家政権を立てたり、

中国(当時は宋)との貿易によって財政基盤を整えたりと

多くの功成を残している傍ら、平家に対する不満を募らせた人々は多くなり、

全盛期も長くはなく、後に鎌倉時代を築き上げる源頼朝をはじめとする

源氏との戦が勃発します。

 

最期は戦の最中、熱病に倒れ、64歳の人生に幕を下ろします。

 

そんな波乱万丈の人生を送った平清盛を川本喜八郎は年代に合わせて様々な頭(カシラ)を作りあげました。

因みに当館では、出家し入道になった清盛を展示しています。

豪華な法衣と袈裟を身にまとい、威風堂々の姿で皆様をお迎えしています。

 

では、ここでちょっとだけ清盛の頭についてこぼれ話をひとつ・・・。

川本の作る人形達には頭の中に様々なカラクリが入っていますが

頭の大きさの関係もあり、最大で3つのカラクリしか入れられません。

でも、清盛だけは唯一、4つのカラクリが入っています。

三国志・平家物語合わせて900体作られたの人形の中で唯一です。

うなずき・瞳が左右に動く横目・眉毛の上下・口、この4つが入っています。

川本の清盛に対する思い入れが感じられるエピソードです。

 

まだ、平清盛をご覧いただいていない方、是非この機会に清盛をはじめとした

「平家物語」の人形達に会いに来てください。

スタッフ一同、心からお待ちいたしております。

 

 

 

2018.01.11 Thursday | スタッフのつぶやき
素敵なお客様が来館されました

素敵なお客様が来館されました!

 

相馬篤様と美奈子様です。

 

さて、お二人が持っている人形、ご存知の方はハッとするのでは!?

1987年からNHKで算数の勉強教育番組として放送していた

「ピコピコポン」の宇宙一の発明家

ガルガリ博士です!

 

3体いるじゃない!?

というのは、場面によってからくりが違う人形を使い分けていたんだそう。

目が縦に動いたり横に動いたり、ユニークな動きが入っていました。

 

人形は道の駅で売られていたところ、偶然立ち合い購入されたそうです。

面白い出会いですね。

4体いたうち、1体は人形制作者のもとにいるそうです。

 

さて、このお二人、企画展の情報を聞いてきた、というのはもちろん

ホワイエにいる「お父さん」に会いに来た、との。

お? 川本喜八郎?? と思いきや

ガルガリ博士を作った人物は、年表の集合写真のところにいる

「内藤 泰利」さんです!

 

内藤さんは三国志のメカ馬にかかわったことのある方で

ホワイエの三国志終了時の集合写真に載っているそうです。

 

 

でも若すぎてわからない……(汗

 

 

おそらく写っているだろう内藤さんと一緒に

記念撮影をさせていただきました。

 

またぜひご来館ください!

2017.09.23 Saturday | スタッフのつぶやき
遠いところのご縁で・・・

6月もはや下旬、今年も間もなく半分が過ぎてしまいます。

暑いような、肌寒いような落ち着かない日々ですが、皆様お元気でしょうか?

 

さて、今日は朝からとても嬉しいお客様にお会いしました。

受付で何気なくお客様とお話しをさせていただいていますと・・・

 

なんでも、そのお客様は先ごろ九州は門司にご旅行にいかれたのだとかニコッき

なんとそこで「川本喜八郎さんの人形にあったんだよ〜〜」

       「壇ノ浦のシーンだったかな?びっくりしちゃって。」と素敵な笑顔で話してくださいました。

その施設で当館のお話をきいてくださり、わざわざ足を運んでくださったとのことkyuきらきらきらきらきらきら

ちょうど、当館でも平家物語の人形も展示されていて、人形をしっかりご覧いただくことができました!!

遠い九州にいる川本喜八郎の人形が結んでくれたとても嬉しいご縁でした。

 

先ほど調べたところ、北九州門司区にある「海峡ドラマシップ」という所に川本喜八郎の人形があるようです。

私もいつかチャンスをつくって、九州に住む川本の人形を訪ねてみたいものです♪

 

 

2017.06.22 Thursday | スタッフのつぶやき
谷川俊太郎さん豆知識 その2

 

 

開館10周年のビッグイベント

7月1日

谷川俊太郎 with DiVa コンサート

まであと少しです!

チケットもだいぶ減ってきています!

ギリギリの申し込みで完売してしまう前に、美術館受付で販売していますので、是非お越しください。

またすぐにご来館できない方は、是非電話での予約や、ネット予約からお申し込みくださいき

 

電話:0265-23-3594 (川本喜八郎人形美術館)

ネット予約 : カンフェティ予約ページ

 

 

さて、ここでまたまた豆知識。

谷川俊太郎さんは詩で有名ですが、

さまざまな歌の歌詞も手掛けています。

 

♪空を超えて〜 ラララ 星のかなた〜

 

でおなじみの「鉄腕アトム」。

他にアニメでは「火の鳥」「ビッグX」、

そしてあのスタジオジブリの「ハウルの動く城」の主題歌

「世界の約束」も他の川俊太郎さん作詞です!

 

そのほかに、合唱曲も作詞されています。

NHK学校合唱コンクールの歌、「信じる」や「いのち」も

谷川俊太郎さん作詞の音楽です。

歌われた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか笑顔

 

知らない間に谷川俊太郎さんの詩に触れています。

ぜひぜひ、その谷川さんの世界観を音楽で触れてみてくださいundefined

 

 

そして、谷川さんの詩に音楽をのせて

違った感覚で世界観を楽しめるDiVaの曲は

さまざまなジャンルで演奏してくれます!

どんな雰囲気の曲? とあらかじめ聞いておきたい方は

こちらで視聴できますよき

 

DiVa 音楽視聴ページ 

 

DiVa:現代詩をうたうグループ http://www.makoring.com/diva/

2017.06.09 Friday | スタッフのつぶやき
谷川俊太郎さん豆知識 その1

7月1日に開催される「谷川俊太郎 with DiVaコンサート」き

今から楽しみでワクワクします。

 

ところで、谷川俊太郎さんと言えば「生きる」という詩が教科書にも載っていますし

詩人として、とても有名ですよねき

でも、それだけではないんですエクステンション

素晴らしい詩をたくさん生み出している一方で…

あの、ユニークで可愛らしい「スヌーピー」の翻訳もされているんです。

 

皆さん、ご存知でしたか?

 

コンサートを前にちょっぴり豆知識のご紹介でした。

(既にご存知だった皆様、申し訳ありません…泣き

 

さて、チケットは既に発売になっています。

ぜひ、この機会に谷川俊太郎さんの魅力を間近に感じてみませんか?

 

チケット販売について、詳しくは…5月14日のブログをみてくださいね!

2017.06.01 Thursday | スタッフのつぶやき
カテゴリ
新着情報
月別アーカイブ
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
リンク
携帯アクセス
qrcode
SPONSORED LINKS

ホーム美術館についてお知らせ利用案内展示案内交通アクセスリンク集